コラム コラム 2017年4月6日 更新 お気に入り追加 0

セルフネイル | 綺麗なラインを描く方法とは?

9,276 view
セルフネイル | 綺麗なラインを描く方法とは? Itnail編集部

ジェルネイルブームにより、ネイルアートの幅が広がりました。ネイルという小さなキャンバスに描くアートは複雑なものから繊細なものまで様々です。そんなネイルアートには繊細なラインが必須です。細筆で描く繊細なラインにより、より素敵なネイルアートが生まれますよね。そんな繊細ラインを綺麗に描くコツを伝授します。

綺麗なラインを描く筆選びをしましょう

 (527550)

ジェルネイルブームの中、ネイルアートが昔より繊細さを増していますよね。繊細なラインで描かれたネイルアートは芸術的です。そんな繊細ネイルアートはテクニックが必要になってきます。よりプロに近づくための繊細ラインのネイルアート法を伝授します。
まずはラインを描くための筆選びが重要です。ジェルネイル用の筆は主にナイロンやコリンスキーが使われています。

◆ナイロン毛
ナイロンはコシがあり、ジェルをムラなく塗ることができます。ジェルが毛に吸収されにくいため、取った量で使えるので、細かいアートに最適です。

◆コリンスキー
コリンスキーは柔らかく、ジェルをまんべんなく均一に塗ることが可能です。動物毛なので、ジェルが毛に吸収されやすく、アートで長い線を引く時などに最適です。

また、毛の長さなども異なるため細かいアートには短め、ラインなどを描く場合は長めがオススメです。

アートのイメージをして一気に描く

 (527551)

ジェルアートで繊細なアートを描く場合は、アートをイメージした後に筆にジェルをつけ、ラインを一気に描くことをオススメします。
ジェルはセルフレベリングと言って時間が経てば下方向に流れる性質があるので、あまり時間をかけていると、その分ラインがよれてしまうこともあるのです。心配でしたら、ラインを引いた後に仮硬化を繰り返すことで仕上がりに違いがでますよ。

繊細な部分は筆先をうまく使ってジェルの量を調節しましょう。長めのラインを描く場合には筆にジェルを含ませて、筆をラインを引く方向に倒しながら一気にラインを引きましょう。

繊細アートを描くには日々の練習が重要!

 (527552)

ジェルアートの上達は練習あるのみです。お爪はなだらかにカーブしているので特にアートを描くのが難しいのです。
練習する場合はネイルチップを使用して、実際にカーブに沿ってラインを描けるように何度も何度も練習しましょう。最初はボーダー柄などまっすぐなラインを必要とするものから始め、徐々に細かなアートにステップアップしていきましょう。

ジェルネイルアートをより上達させるために日々努力していくことが重要ですね!



Itnail編集部