コラム コラム 2017年3月28日 更新 お気に入り追加 0

ラップ&マニキュアで完成!オリジナル『ネイルラップ』のつくり方

2,086 view
ラップ&マニキュアで完成!オリジナル『ネイルラップ』のつくり方 Itnail編集部

自分だけのオリジナルネイルシールをつくれたらな…。なんて、思ったことはありませんか?実はラップとマニキュアを使えば、あなたオリジナルのデザインのネイルラップをつくることができます。ここでは、ラップとマニキュアを使ったネイルラップのつくり方をご紹介します。

ネイルラップは時短ネイルにぴったり!

 (529293)

忙しい女性の強い味方である、「ネイルラップ」。一般的なネイルシールはハート型やフラワー型などいろいろな形にカットされていますが、ネイルラップは爪の形にカットされています。

そのため爪に貼りさえすれば、それだけでネイルアートが完成してしまいます。「ネイル」を「ラッピング」してアートするアイテムだから、ネイルラップと呼ばれるのですね。

ただこのネイルラップですが、気に入ったデザインのものが見つからないこともありますし、自分の爪の大きさに合ったネイルラップが見つからないこともありますよね。そこでおすすめしたいのが、自分オリジナルのネイルラップを作成する、という方法です。

オリジナルネイルラップのつくり方

 (529294)

オリジナルのネイルラップは、サランラップとマニキュアさえあればセルフで簡単に作ることができます。

<ネイルラップのつくり方>
①: 机など平らなところに、サランラップを広げる。
②: 厚みが均一になるよう意識しながら、サランラップの上に好きな色のマニキュアを塗る。
③: 好みのデザインにアートし終えたら、しっかり乾燥させる。
④: サランラップからマニキュアをゆっくり剥がし、自分の爪の大きさに合わせてカッティングする。

ネイルラップは、これで完成です。使用するときは自爪にベースコートを塗り、爪の大きさに合ったネイルラップを押し付けるようにしてしばらく待てば、爪にくっつけることができます。
また上からトップコートを塗ると、ネイルラップが長持ちするのでおすすめです。

ラメやストーンを使ってみるのもおすすめ!

 (529295)

ネイルラップは、ラメやストーンを使っても可愛く仕上げられます。やり方はいつもネイルアートをするときと同じ要領で、ベースとなるデザインを作った後、ラメやホロを乗せてトップコートを塗ればOKです。

あまり厚みを出しすぎるとネイルラップの柔軟性がなくなってしまいますので、ラップを作る段階ではトップコートを使わず、爪にくっつける段階でトップコートを塗ってパール類を埋め込むといいでしょう。

好きなパーツを使って、自分だけのオリジナルネイルラップをたくさんつくってくださいね!時間があるときにつくり置きしておくのもおすすめです。



Itnail編集部