コラム コラム 2016年7月3日 更新 お気に入り追加 1

ネイルに縦線ができてる…。気になるその症状の原因や対処法について徹底解説!

1,037 view
ネイルに縦線ができてる…。気になるその症状の原因や対処法について徹底解説! Itnail編集部

爪表面をよく観察していると、縦方向の筋ができていることがあります。本来ならばツルツルしてなめらかであるはずの爪に縦線があると、少し不安になりますよね。そこで今回は、爪表面に縦線ができる原因とその対処法について詳しく解説します。

爪の縦線って、一体何が原因なの!

 (441390)

【イットネイル】爪の表面をよく観察してみると、縦に筋状のデコボコができていることがありますよね。「これって一体何なのだろう…!?」なんて、不思議に思われたことがある方もいらっしゃるのではないかと思います。実はこのような爪の縦筋は、爪それ自体ではなく“その下”に問題がある場合が多いようです。
年齢を重ねるにつれ避けて通ることができなくなってくる“シワ”ですが、爪の下にある皮膚にも、加齢に伴ってシワが発生します。そして爪は皮膚にピッタリくっつく形で生えているため、その下にあるシワの影響を受けて縦方向のデコボコが生じてしまうのです。

要するに縦方向に走る爪のデコボコは、“老化現象の1つ”であるというわけですね。

爪に縦線ができている場合の対処法①

 (441391)

では、爪に縦線ができてしまったという場合、これを改善するにはどうすればいいのでしょうか。

外側からのアプローチとしては、ヤスリを使って爪表面を削りなめらかにするという方法をおすすめします。ただし爪に深い溝がある場合、ファイリングをするだけでは縦線を消すことができない場合がありますし、無理に消そうとすると爪が薄くなりすぎることがあります。
そこである程度までファイリングしてもなお溝が残っている場合は、トップコートやクリアジェルを塗るなどして表面をなめらかにすることで、ある程度誤魔化すことが可能です。

爪に縦線ができている場合の対処法②

 (441392)

上述のように爪に縦線ができる原因は、肌細胞の老化にあります。そのため爪の縦線を改善するにはただ単に爪を削るだけではなく、肌細胞へのアプローチも大切になってきます。そこでまずおすすめしたいのが、入念な保湿ケアです。これは爪のシワに限ったことではないのですが、肌細胞の水分が不足すると、その弾力が失われてシワができやすくなってしまいます。そのため爪の縦線を改善するには指先の保湿を入念に行い、肌を乾燥させないようにすることが大切なのです。


またこれ以外に、

・タンパク質やビタミン類を積極的に摂取する
・時間があるときは指先のパックをする
・睡眠をしっかりとる
・ストレスを溜めないようにする

といった対策も効果的です。



Itnail編集部