コラム コラム 2016年9月23日 更新 お気に入り追加 0

ボロボロになりたくない!ジェルネイルを楽しむために大切にすべき3つの習慣

822 view
ボロボロになりたくない!ジェルネイルを楽しむために大切にすべき3つの習慣 Erica

ジェルネイルを長く楽しみ続けるためには、爪の様子をよく観察する必要があります。ボロボロになってから慌ててケアしても遅いんですよ!今回は、ジェルネイルを楽しむために大切にすべき3つの習慣をご紹介いたします。

いつまでもネイルを楽しむために…。

 (506416)

【イットネイル】ジェルネイルはマニキュアと違って特殊な薬・光を用いて施術します。
メリットももちろんありますが、爪に負担をかけてしまうのは避けられません。
ネイルを楽しみながらでも、爪の健康は守りたいですよね。

日頃から意識して爪の様子・変化を見守ることも大切になってきます。
そこで今回は、ジェルネイルを楽しむために大切にすべき3つの習慣をご紹介いたします。

手を洗ったらキレイに拭きとる

 (506419)

ジェルネイルは爪を可愛くできる一方で爪トラブルとは表裏一体。
普段からきちんとお手入れをしておかなければ「グリーンネイル」のように、爪に何らかの変化があらわれてしまいます。

グリーンネイルの原因は自爪との隙間に水分が入り雑菌が繁殖してしまうこと。
つまり手を洗ったら、可能な限り細かい部分まで水分をふきとる必要があります。
爪が伸びてくれば汚れもたまってきますから、爪の中までよく洗いましょう。

グリーンネイルの症状があらわれたら自己判断せずに、すぐに皮膚科を受診しましょう。

爪を休ませる

 (506422)

ジェルネイルを楽しまれている多くの方がネイルのオフと同時に次のデザインを施術してもらうという流れを希望しているでしょう。ジェルネイルは大体3~4週間もちますから、1か月ごとにネイルを変えていくことになります。

しかし、ずっとジェルネイルをしていると、どうしても爪は傷んできてしまいます。
あきらかにボロボロになってきているなら、それ以上悪化をする前に爪を休ませてあげて。

ネイリストさんから予約をすすめられたときは「次回はオフだけでお願いします」と伝えておけば、しばらくは爪を休憩させられます。

一回ネイルサロンへ通う習慣ができると、なかなか断りづらくなってしまうかもしれませんが、それくらいのことではネイリストさんは嫌な顔はみせません。

爪の様子をよく観察する

 (506425)

ジェルネイルをしてもらってから1週間が経つ頃には、もう根元が伸びてきている状態になっているはず…。私たちは普段何も感じていなくても、爪は確実に成長しているのです。ジェルネイルを楽しまれている間は、爪の様子をよく観察しておきましょう。

たとえば、ジェルネイルのもちが悪くなり、あきらかに爪が薄くなっていて傷み始めているなら予定よりも前倒しでネイルサロンへ予約することをおすすめします。

またネイルが剥がれかかっているときに自爪が黄色くなってしまっているなら、それだけ爪が疲れている証拠。

爪がボロボロになってから後悔することがないように!


ジェルネイルは長持ちするし、可愛いデザインがいっぱいで魅力的。
しかしメリットの裏には必ずデメリットがあります。
爪へのダメージを最小限におさえるためにも、爪の様子を常に確認しながら、引き続き、オシャレなネイル生活を楽しみましょう!