コラム コラム 2016年9月18日 更新 お気に入り追加 0

「開かない」も「どろどろ」も防ぐ!『マニキュア』のお手入れ方法

5,519 view
「開かない」も「どろどろ」も防ぐ!『マニキュア』のお手入れ方法 Itnail編集部

セルフネイルに使ったマニキュア、定期的にお手入れ・掃除をしていますか? マニキュアでも、定期的にマニキュアのハケ・ボトル口・ふたなどのお手入れが必要です。不十分ですと固まって開かないなどのトラブルも。しっかりお手入れをして正しく保管することで、マニキュアはどろどろになりづらくなり、もっと長持ちするはずです。今回はマニキュアをいつまでも快適に使うための、お手入れ方法や正しい保管方法について、紹介します。

マニキュアだってお手入れが必要

 (471445)

【イットネイル】セルフネイルに使った道具、使った後にちゃんとお手入れしていますか?
ジェルネイルだとカラージェルなどを塗るためのネイル筆は、特に汚れやすいですね。
またジェルネイルでは無くても、マニキュア(ネイルポリッシュ)を使っている人も、使用したマニキュアのハケ・ボトルお手入れが必要です。
今回はマニキュアをきれいに・快適に使うための、定期的にやっていきたいお手入れテクニックについて紹介します。

マニキュアをお手入れをしないと・・・

・液がどろどろになりやすい

お気に入りのカラーが、しばらくしたら中身がどろどろになって固くなっていた、という経験はありませんか?
実はボトルやハケなどのお手入れが不十分だと、買ってからの期間が短いマニキュアでもどんどんどろどろになっていきます。
どろどろのマニキュアを復活させる方法はいくつかありますか、何度も使えるわけではありませんし、一度どろどろになるとどんどん質も悪くなっていきます。

・フタが開きづらくなる

さあマニキュアを塗ろう!というときに、フタが開かなくてイライラ・・・
これはボトルのふたの内側周りで、マニキュアが固まってしまった状態。
時間に余裕があるときはよくても、急いで塗りたいときに開かないととても不便ですね。

・きれいに塗れなくなる

固まった中身が混ざっていると、固まりなどが混ざって塗りづらくなります。
また、塗ったときも見た目がいまいちに・・・
ムラなども出やすくなります。

お手入れの準備

マニキュアのお手入れには除光液を使います。
窓を開けて、喚気をしっかりできるようにしましょう。
服にマニキュアがついたときのために、汚れてもいい服を着ておくのがおすすめ。
除光液・小さく切ったキッチンペーパーなどを用意して、手にはビニール手袋などをはめれば準備完了。
ちなみにふき取りに使うものは、コットンでは繊維がついてしまうので、使わないようにしましょう。

実際のお手入れ

まずはキッチンペーパーに除光液を含ませ、ボトルの口部分・ハケの棒の部分など、汚れているところをふき取ります。
ハケをふき取るときは、形状が変わったりしないように、やさしくしましょう。
どろどろが気になるときは、マニキュア専用の薄め液をたらしておいてから、しっかりふたを閉めましょう。

・正しく保管を

しっかりとボトルのふたを閉め終わったら、正しい場所に保管しましょう。
ネイル道具全般に言えることですが、直射日光や高温多湿な場所は厳禁です。

定期的にお手入れすれば、マニキュアの仕上がりや持ちも大きく変わりますよ。



Itnail編集部