コラム コラム 2017年2月24日 更新 お気に入り追加 0

【埋め尽くしネイルのやり方】簡単だけどキラキラで可愛い♡

5,145 view
【埋め尽くしネイルのやり方】簡単だけどキラキラで可愛い♡ Itnail編集部

爪いっぱいにストーンやラメをのせた埋め尽くしネイル。とても凝ったアートのように見えますが、実はセルフでも簡単にアートすることができます。ここでは、埋め尽くしネイルの魅力やそのやり方、よりキラキラに仕上げる方法などについてご紹介します。

埋め尽くしネイルについて知りたい!

 (527571)

登場以来大人気で、いまや定番ネイルデザインのひとつとなっている「埋め尽くしネイル」。埋め尽くしネイルとはその名の通り、爪全体をストーンやビジューパーツ、パール、ラメなどで「埋め尽くし」たネイルデザインのことをいいます。

普段使いのお洒落ネイルとしてはもちろん、パーティーネイルやウエディングネイルとしても使うことができますので、いつでもアートできるようにそのやり方をしっかりマスターしておきましょう。

初心者さんでも簡単!埋め尽くしネイルのやり方

 (527572)

埋め尽くしネイルは、セルフネイル初心者さんでもやり方さえ間違えなければ失敗することなくアートできます。

<埋め尽くしネイルのやり方>
①: いつものように下処理をした後、ベースジェルを塗る。
②: ベースジェルをもう一度塗り、ストーンやラメなど好きなパーツを乗せていく。
③: できるだけ隙間ができないようにパーツを並べて爪全体を埋め尽くしたら、ここで一度硬化させる。
④: 爪に乗せたパーツの上からクリアジェルを塗り、硬化させる。
⑤: トップジェルを塗って硬化させ、未硬化ジェルを拭きとったら出来上がり。

ベースジェルには接着剤の成分が含まれているため、クリアジェルの代わりにこれを塗ることでストーンなどのパーツをしっかり定着させることができます。また大きめのパーツを使うときや指先を使うことが多い方は、クリアジェルを二度塗りすると、アートを長持ちさせられます。

埋め尽くしネイルをよりキラキラにする方法

 (527573)

上述のようにクリアジェルを何度か塗り重ねると、パーツをしっかり埋め込んでアートを長持ちさせることは可能です。ただクリアジェルを塗る回数が増えれば増えるほど、ストーンの輝きは落ちてしまいます。
というのもラインストーンはシャープなカットが施されていることで輝きを放っているところ、その上にジェルを塗り重ねるとカット面がなだらかになり、輝きが少なくなってしまうのです。パーティーシーンや結婚式など、アートの持ちよりも輝きを重視したいときは、ベースを塗った後でハードジェルを塗り、硬化させてサンディングします。そしてそこにグルーを塗り、ストーンを貼り付けましょう。
この方法であれば上からジェルを塗らなくていいため、ストーンのキラキラ感を維持することができます。



Itnail編集部