コラム コラム 2016年10月30日 更新 お気に入り追加 1

ソフトジェルとハードジェルの違いは?2種類のジェルネイルを使い分けよう

4,982 view
ソフトジェルとハードジェルの違いは?2種類のジェルネイルを使い分けよう Itnail編集部

ジェルネイルに使われているジェル(クリアジェル・カラージェル)には、いくつかの種類があります。現在、ネイルサロンなどでよく使われているのは「ソフトジェル」のほうです。一方ハードジェルは、ソフトジェルの前から使われている、強度のあるジェルです。それぞれのジェルには、特徴やメリット・デメリットがありますので、知っておいて使い分けるととても便利です。今回は、ジェルネイルのジェルの種類について紹介します。

①ソークオフジェル(ソフトジェル)

 (509005)

【イットネイル】ソークオフジェルは、ソフトジェルとも言われています。
多くのネイルサロンや一般的なセルフジェルネイラーの間でも人気のタイプです。
オフのしやすさなどから、初心者向きのジェルはこちらの方です。
「カルジェル」や「バイオジェル」などのメーカーが有名です。
マニキュアよりは丈夫で落ちにくいけど、後述のハードジェルよりは落としやすいのが特徴です。
ただし、強度はハードジェルよりも劣ります。

●柔軟性がある
メーカーによって多少の違いはありますが、ソフトジェルは柔軟性が高く折れたり欠けたりといったトラブルが少なく済みます。

●プライマー不要
ジェルネイルでは「プライマー」という、ジェルの接着度を上げる液剤を使用することがあります。
このプライマーは初心者にはとても扱いが難しく、上手に使わないと自爪の変色や痛みなどのトラブルを引き起こすこともあります。

ソフトジェルは、このプライマーを使わずに施術ができるので、自爪にやさしいジェルネイルであると言えます。

②ハードジェル

ハードジェルは、ソフトジェルとは異なり通常の溶液ではオフができない、強めのジェルのことです。
かつてジェルネイルと言えば、このハードジェルが主流で、ソフトジェルよりも古くから存在するジェルです。
強度や硬度が強めなため、長さだしができて丈夫なジェルネイルにできるなどのメリットがあります。
また持ちもソフトジェルよりは長く、上質なツヤを長い間楽しむことができます。
ジェルネイルで長さだしをしたい人や、強度を重視する人にはおすすめです。
また、大き目のパーツをつけたいときなど幅広いデザインを楽しむことができます。

ネイルサロンによっては、ソフトジェルとハードジェルを併用していることもあります。
たとえばソフトジェルを塗っておいて、仕上げにハードジェルで強化するといった方法です。

●オフが大変
ハードジェルのデメリットは、ソフトジェルと比べるとオフが大変なことです。
溶剤だけでは落とせないため、ファイルで削るなどの手間がかかります。
このような作業は間違った方法でやると自爪への大きなダメージにつながるため、基本的にサロンで落としてもらう必要があります。

初心者のセルフネイルにはソフトジェルがおすすめ

初心者が自宅でセルフジェルネイルをするには、オフが大変なハードジェルはあまり向きません。
いきなりハードジェルを使おうとせず、慣れるまではソフトジェルで楽しみましょう。
それぞれの特徴を把握していれば、よりジェルネイルがスムーズになりますよ。



Itnail編集部