コラム コラム 2016年7月19日 更新 お気に入り追加 0

安くてもかわいい!文房具で広がるセルフネイルテクニック

1,311 view
安くてもかわいい!文房具で広がるセルフネイルテクニック Itnail編集部

特別な道具をそろえなくても、身近なアイテムを使ってもできるセルフネイルデザインは豊富にあります。また普通にやったら難しい&失敗してしまうデザインでも、とある文房具を使えば美味くとっても上手にできるようになりますよ。しかも安く買えるものが多いので、チープでもかわいいネイルができるようになります。今回は、文房具で作るおしゃれなセルフネイルの例を紹介しています。セルフネイルの幅を広めるためにも、ぜひやってみてくださいね。

クラフトパンチ

【イットネイル】セルフネイルには、ネイル専用ではない身近な道具も活用できることは良く知られていますね。
しかしそれらの道具のなかには、文房具もたくさん含まれています。

まずは丸い穴だけでなく、星型やハート型など、さまざまな形が登場している穴あけパンチ。
主にマスキングテープと組み合わせて作る、ポップなデザインが人気。
たとえばマスキングテープに好きな形の穴を空けてから爪に貼り付けて、好きなネイルカラーを塗れば、好きな形の模様ができるというわけです。
反対にこれを利用して、くりぬきネイルを簡単に作ることも可能。
工夫次第では幅広いネイルアートが簡単に・きれいにできるようになります。
 (453301)

マスキングテープ

キャラものから柄物まで、さまざまなデザインが売られていてしかも安いマスキングテープ。
かわいいデザインにひかれて、思わずたくさん買ってしまう人も多いのでは?

・そのまま貼って

「このマスキングテープみたいな模様のネイルがしたいなあ」と思ったら、ネイルシールのように直接貼ってしまいましょう。
お気に入りの模様のネイルがあっという間に完成です。
フレンチネイルなど一部分だけ使うのもいいですね。

・ボーダーやチェックを作る

無地のテープの場合は、細めにカットすればボーダー柄を作ることができます。
普通に描こうとすると意外と難しいボーダー柄ですが、細いマスキングテープを貼った状態でネイルカラーを塗ることで、簡単にきれいなボーダー柄が出来上がります。
アレンジ次第では、チェックなどもっと複雑な柄も描きやすくなります。

ポスカペン

昔から女性に愛用されていたポスカペンですが、実はネイルにも活用できます。
すでに豊富なカラーバリエーションもあるので、マニキュアにはないようなカラーも使えるようになるかも?

ベースカラーを塗ったら、あとは細め(極細がおすすめ)のポスカで好きにアートしていくだけ。
最初のうちは簡単なドットやボーダーから始めるといいでしょう。
違う色を使うときは、前の色が乾いてからにすると混ざらずきれいにできます。
最後にトップコートを塗る必要がありますが、マニキュアもポスカも乾くのを待ちましょう。

セロハン

クリアな発色がおしゃれなセロハン。
三角形など好きな形に切って、ぺたぺた貼っていくだけで個性的な三角形ネイルの完成。
複数色のセロハンを使えばカラフルなネイルも簡単に作れます。

今回紹介した文房具の中には、100円ショップで安く買えるものもあるので、ネイル用品の節約にもつながるかも?
ぜひ利用してみてください。



Itnail編集部