コラム コラム 2018年6月18日 更新 お気に入り追加 0

クセになる!立体的×マットな質感のレース柄ネイル

849 view
クセになる!立体的×マットな質感のレース柄ネイル Itnail編集部

レース柄のネイルは誰でも取り入れやすいネイルデザインの一つです。女性らしさを象徴するようなデザインではありますが、色で変化を付けてみたり、ペイントのタッチでニュアンスを変えてみたりと様々な楽しみ方が出来ます!この記事ではそんなレース柄ネイルを立体的かつマットに楽しめるデザインをいくつかご紹介します。

マットコートを使ってレース柄のニュアンスを変える

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

レース柄ネイルはペイントやネイルシールはもちろん、アフィックスやエアブラシと色々なツールや技法を使って描かれています。
それぞれの方法にはそれぞれの良さがあり、同じレース柄ネイルでも、どの方法を使うかで表情も変わります。
そんな中でもエンボスアートでレースを描き込み、マットコートを掛け合わせたデザインは、レース柄ネイルに新しい一面を生み出してくれます。

レース柄はそれだけでとても美しく女性らしいデザインですが、エンボスアートを使えばレース柄の存在感が強調されます。
そのデザインにマットコートをプラスすると、女性らしさの中にどこかかっちりしたカッコいいイメージを追加する事ができます。
美しさの中にちょっとした芯の強さのようなアクセントを付ける事が出来るんですね。

レース柄ネイルが持つ女性らしいイメージの中に含みを持たせたような見え方になるので、ベースに使う色や他の指に使う色も選べる幅がグッと広がります。
ただ単にデザインやネイルの色選びで冒険をするだけではなく、マットコートを使う事でネイル全体のデザインをまとめあげる事が出来ます。
Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

エンボスアートが簡単にできない場合はシールで代用を

ネイルサロンtricia

ネイルサロンtricia

レース柄のエンボスアートはオススメではあるのですが、例えばセルフネイルの場合やサロンワークでも時間をかけられない場合もあり、簡単にオーダー出来ないケースがあると思います。

そんな時は是非ともネイルシールやパーツを上手く活用してみましょう♪
例えば、ライン状にレースが施されたレースリボンのようなネイルシールを使って重ねてみたり、格子柄にアレンジしてみましょう。
レース柄はレース柄でも、ホワイトではなくブラックやブラウンのような濃いダーク系のカラーを使ってもまた新たな表情が楽しめます。

ネイルシールやパーツを使う時はレースの立体感を残すよう、あえてシールをトップコートで埋め込み過ぎないように仕上げてみましょう。
存在感やレースの質感を楽しむ事が出来ますし、最後に塗布するマットコートはシールのフチが下手に浮くのも隠してくれる嬉しい効果もあります!
アッキー

アッキー

レース柄のベースをクリアにして立体的に見せる方法も

ネイルサロンtricia

ネイルサロンtricia

「立体的なエンボスアートを楽しみたいけど、普段の生活の事を思うとあまり爪先が凸凹しているデザインはどうしても避けたい。」
そんな方はネイルアートを“立体的に見せる”のはいかがでしょうか?

ベースをクリアにしてその上にレース柄を描き込んでみましょう。そうすると、レース柄がぷっくりと浮いたように見えます。もちろんマットコートも忘れずに♪
見え方をコントロールするだけで楽しめるのもネイルの良い所ですね。

エンボスとマットコートの組み合わせは、レース柄ネイルの新しい一面を見せてくれるアレンジ方法です。
他の指は普通のトップコートで、レース柄の1本だけをマットコートでコーティングしても綺麗ですよ!
是非一度試してみてください。



Itnail編集部