コラム コラム 2016年2月7日 更新 お気に入り追加 0

ジェルネイルの“知って損なし”!ワンランク上の豆知識を身につけよう。

2,460 view
ジェルネイルの“知って損なし”!ワンランク上の豆知識を身につけよう。 Itnail編集部

ジェルネイルが急速にはやってきましたが、今までのネイルポリッシュのように塗っても何時間も乾かさなきゃいけないことや、すぐに剥げてしまうなどの悩みを一気に解決してきたジェルネイル。意外としらないジェルネイルのいろいろを知ってもっとジェルを楽しみませんか?!

ジェルネイルの原料ってなにからできているの?!

 (362605)

【イットネイル】ジェルネイルは自爪に塗布したらUVライトやLEDライトに照射させ、ジェルを硬化させます。そのジェルネイルの原材料には UV硬化樹脂という物質が使われています。もともと工業用に使われていた光重合開始剤という添加剤を含ませることにより、紫外線照射で硬化する樹脂なのです。ジェルはこのライトに照射しない限り固まることがないため、アートの幅も広がりますし、樹脂が自爪に密着するため持ちがとても良く、一ヶ月ほどジェルネイルを楽しめるということを可能にしました。

ジェルネイルにも種類があります。どんなものがあるのかな?!

 (362606)

ジェルネイルには大きく分けて2種類あります。最近主流になっているのはソークオフジェルというものです。柔らかく、ジェルネイルをオフする際にもコットンにアセトンを含ませて、溶かしてやわらかくして簡単に除去することができます。自爪への負担も比較的少ないのが特徴です。                 もう一つはハードジェルです。最近少なくなりつつありますが、硬いジェルなので、自爪を強化するには適しています。しかし、非常に硬いため、アセトンでオフするのが難しく、ファイルで削ってオフするため、時間がかかりますし、自爪への負担もあります。ジェルネイルをする際にネイリストさんに確認してみましょう。

ジェルのメーカーっていろいろあるの?!

 (362607)

ジェルネイルが流行り始め、いろんなメーカーさんがジェルネイルを発売し始めました。当初、主流だった”カルジェル”や”バイオジェル”というメーカーさん。実績と歴史があるため、多くの女性から支持されています。ライセンスが必要なので、プロのネイリストさんしか購入できないので、信頼も厚いです。ただ、高価なために施術料も若干高く設定されているサロンさんが多いです。     国産ジェルもかなり多メーカーさんが出てきていますが、やはりその中でも粗悪品が扱われていることも多いので、ネイリスト検定の指定商材に指定されているジェルメーカーさんを使うことが安心、安全です。 最近はジェルを塗る前に自爪を削らなくても良いジェルも出ているので、人気が高まっています。ジェルを長く安心して続けるためにもネイルサロンの選び方にもこだわってみてはいかがでしょうか?!



Itnail編集部