コラム コラム 2019年2月21日 更新 お気に入り追加 0

ホワイト系ベースのパンジーネイルで春満開♡

948 view
ホワイト系ベースのパンジーネイルで春満開♡ Itnail編集部

「愛されフラワーネイルをしたいけど、普通の花柄は飽きちゃった」という方はいませんか?そんなあなたには、パンジーネイルが新鮮に写るはず。ホワイト系ベースに描かれた色とりどりのパンジーアートは、とても華やかです。この記事では、フレンチ、たらしこみアート、フットのカテゴリーに分けて、おすすめのパンジーネイルをご紹介します。

フレンチネイルとパンジーネイルのキュートなコラボ

atelier tRico

atelier tRico

フレンチネイルと花柄アートを組み合わせるのは定番のアレンジで、男性ウケも抜群ですよね。しかもパンジーネイルなら、脱マンネリが叶います。

数本だけ白のフレンチネイル、数本だけパンジーネイルにして、ほどよい華やかさを意識します。フレンチは、優しい印象の丸フレンチで女性らしさをアピールしましょう。アートの爪は、ホワイトベースに黄色と紫のパンジーできめます。ビビッドな色合いがキュートですね。

鮮やか過ぎるネイルが苦手な人は、ベースをオフホワイトにするといいでしょう。パンジーの色も、薄めの黄色やくすんだ紫、落ち着いた赤ピンクにして大人っぽさを狙います。花の配置もポイント。全体に描くのではなく、あえて端に寄せて描くと、センスのある仕上がりになります。
cranberry nail 鯨岡百合香

cranberry nail 鯨岡百合香

たらしこみアートで描いたパンジーが美しい

Fran (香川・高松)

Fran (香川・高松)

たらしこみアートでパンジーを描くと、非常に美しく雰囲気のあるアートになります。

まずは、定番の紫のパンジーから見ていきましょう。上品な色合いの紫のワンカラーと、ホワイトベースに描かれたパンジーアートの組み合わせは、どこか気品を感じる仕上がりですね。花びらの中央部分にふんわり乗せた黄色とシルバーラメが、リアルさを表現しています。

若々しくいたい女性には、ピンクネイルとパンジーアートのコラボがおすすめ。ふわっとした雰囲気で、デートや婚活パーティーでも好印象を狙えそうです。
perruche (鹿児島)

perruche (鹿児島)

フットもパンジーネイルで春らしくいこう!

マムズネイル (東京・小平)

マムズネイル (東京・小平)

大好きな彼の前では、足先までも完璧にしたいですよね。フットも、パンジーネイルで春仕様にチェンジしましょう。

すべての爪をホワイトのワンカラーできめる大胆なカラーリングも、フットなら叶います。親指だけ、好きな色のパンジーを大きめに描いた明るいネイルにしてみて。パンジーの色の種類は何百種類もあると言われています。紫や黄色の定番色だけでなく、オレンジや青、ブラックといった個性的なカラーも、フットならチャレンジしやすいでしょう。



Itnail編集部