コラム コラム 2016年12月6日 更新 お気に入り追加 0

100均で見つけた!ネイルカラーチャートとして使えるアイテムたち♡

10,932 view
100均で見つけた!ネイルカラーチャートとして使えるアイテムたち♡ Itnail編集部

ジェルネイルやマニキュアの色見本として使うカラーチャートは、セルフネイルの必需品ですよね。しかし、サロンに置いてあるようなカラーチャートって、一般のお店ではあまり扱われていません。でも、大丈夫!100均には、カラーチャートの代わりとして使えるアイテムが沢山あるのです。

カラーチャートにはメリットがいっぱい!

 (515758)

ネイルサロンには必ずおいてあるカラーチャート。

ディスク型のものやスティック型のものなど、その形はサロンによって異なりますが、カラフルな色見本を眺めていると、それだけで幸せな気持ちになってきますよね。実はカラーチャートには、ただ可愛いだけでなく、いろいろな魅力があります。

特に普段からジェルネイルを使っている方の場合、ジェルのパッケージは光を通さないよう中身が見えない仕様になっているため、色味を確認するにはいちいち蓋を開けなければなりません。そうするとその度に中身が紫外線にさらされ、少しずつ劣化していってしまいます。またジェルは液体のときと爪に塗ったときとで色が変わることもあるため、ジェルそのものを見て色味を確認するのが難しい場合もあります。
この点、カラーチャートを作っておけばジェルの色をすぐに確認することができますし、ジェルの劣化を防いで長持ちさせることもできます。

スプーンの裏を使ってカラーチャートをつくる

 (515759)

カラーチャートが便利というのはわかったけれど、ここでひとつ問題なのが、カラーチャートを扱っているお店が少ないということ。ネットショップでは数百円程度で販売されていますが、それだけのために高い送料を払ってカラーチャートを買うのも、なんとなく気が進みませんよね。

そこでおすすめしたいのが、100均で販売されているアイテムをカラーチャート代わりに使うという方法です。

例えば、プラスチック製のスプーンなんて、いかがでしょうか。透明なスプーンの裏側にジェルを塗ると、あっというまにカラーチャートの完成です。100円ショップでは20本くらいで100円で販売されていますので、ぜひ使ってみてくださいね!

マドラーやDIYグッズもおすすめ!

 (515760)

カラーチャートに使うアイテムとしては、コーヒーなどを混ぜるマドラーや、観葉植物や野菜を植えたときに使うプラカードなどもおすすめです。ダイソーではハート型やスター型など可愛い形のプラカードが扱われていますので、これにジェルを塗れば、見た目にも可愛いカラーチャートをつくることができます。

またマドラーに関しては、種類にもよりますが100本入りで100円など、多くの数量をリーズナブルに購入することができます。そのため手持ちのジェルの種類が多いという方には、安い値段でたくさん買えるマドラーを使ってカラーチャートをつくることをおすすめします。



Itnail編集部