コラム コラム 2015年10月1日 更新 お気に入り追加 0

ネイリストにイメージを伝えるには?ネイルサロンでの正しいオーダー法

3,786 view
ネイリストにイメージを伝えるには?ネイルサロンでの正しいオーダー法 Itnail編集部

初めてネイルサロンを利用している人は、どんな風にイメージを伝えればいいか分からないという人も多いでしょう。今回はネイリストにオーダーをするときに、イメージをしっかり伝えるためのコツを伝授します。

ネイルサロンは初めてで良くわからない!

【イットネイル】普段はセルフネイル派の人も、特別な日はプロのネイリストにやってもらいたい!とネイルサロンの予約・利用を考える人もいるかと思います。
しかし初めてネイルサロンを利用している人は、どんな風にイメージを伝えればいいか分からないという人も多いでしょう。

今回はネイリストにオーダーをするときに、イメージをしっかり伝えるためのコツを伝授します。
 (276422)

参考になるものを持っていく

言葉では伝えづらい場合は、写真などを持っていくのが一番。
雑誌の切り抜きなどがもっともてっとり早いです。
有名なネイル雑誌に載っているものであれば、ネイリスト側もデザインを把握している場合も多いのでスムーズ。
このため、希望デザインがはっきり決まっていない場合はなるべく有名ネイル雑誌から探してみたほうがいいかもしれません。

WEB画像を持っていくとき

インターネットやスマートフォンが普及してからは、インターネット上のブログやSNSなどに乗っている画像を持って行って同じデザインを頼むというオーダー方法もかなり増えています。
この場合注意したいのが、写真画像が加工されているというパターン。

また画像がプリントアウトしたものでは、元の画像から色が変わっていたというケースも少なくありません。
デザインやアートだけを参考にしてもらうなら特に問題はありませんが、色味が違う場合は注意が必要です。

遠慮はせずに納得いくまで注文!

ジェルネイルなら硬化させる前であれば何度か修正が可能なので、気になったところや修正して欲しい部分は遠慮なく言いましょう。オーダーしている側がネイリストにむやみに遠慮したり、ムダに気を遣う必要はありません。気を遣った結果、自分の理想じゃないネイルに仕上がるよりは、あなたの理想のネイルに仕上がったほうがネイリストの人だって嬉しいのです!

ライトで硬化後では修正が難しいので硬化前にどう修正してほしいかを伝えましょう。
失敗を防ぐためにも、しっかりと下調べをしてイメージを決めておきましょう。



Itnail編集部