コラム コラム 2016年8月4日 更新 お気に入り追加 0

気分やシーンによって使い分ける♪3種類のピンクネイル♡

1,382 view
気分やシーンによって使い分ける♪3種類のピンクネイル♡ Itnail編集部

女の子が大好きなピンクネイル。ただ、ひとくちにピンクといっても色々なカラーバリエーションがありますよね。今回は、気分やシーンに合わせて選びたい3種類のピンクカラーをご紹介します。ネイルアートをする際の参考にしてみてくださいね!

オフィスネイルには落ち着いたコーラルピンク

 (459315)

【イットネイル】お仕事モード全開のオフィスネイルには、落ち着いた色味のコーラルピンクがおすすめです。

少しベージュ味がかったコーラルピンクは日本人の肌に良く馴染みますので、ネイル自体は目立たないながらも指を長く美しく魅せる効果が期待できます。シンプルにカラーリングするだけでもいいのですが、それではつまらないという場合はポイントでストーンをあしらってみたり、ラメを使ってスキニーフレンチやボーダーデザインにしてみたりするのもおすすめです。

デートネイルには柔らかコットンピンク

 (459316)

最高に可愛い私を見せたい!
そんなときは、柔らかで女の子らしい雰囲気を醸し出すことができるコットンピンクがおすすめです。
男性ウケを考えた場合、あまり派手すぎるネイルはNG!
男性は女性に対して可愛らしさや清楚さ、家庭らしさを求めているため、あまり派手すぎるネイルをしていると、引いてしまう人も多いそうなのです。
そこでデートネイルには、可愛らしさはしっかりアピールしつつも派手になりすぎない「コットンピンク」をセレクトしてみましょう。
レース柄やフラワー柄のシールを使ってポイントアートを施してみたり、爪の根元部分にパールやスタッズをあしらってみたりする、なんていうのもいいですね!

とにかく目立ちたい!それならチェリーピンク

 (459317)

パーティーシーンなど「今日はとにかくお洒落にして目立ちたい!」というときは、チェリーピンクを使ったネイルがおすすめです。

ただしホットな発色のチェリーピンクは、爪全体に塗ると派手に感じるかもしれません。そんなときは、フレンチデザインにしてみたり5本のうち何本かをチェリーピンクでカラーリングしてみたりというように、部分的にこの色を取り入れてみることをおすすめします。
チェリーピンクのような目立つ色を使うと視線を爪先に持っていくことができるため、指にコンプクレックスがある方にもおすすめです!色味を変えるだけで様々な表情を見せてくれるピンク色。あなたもお好みのピンクカラーを使ったネイルアートを楽しんでみませんか!? 



Itnail編集部