コラム コラム 2015年10月5日 更新 お気に入り追加 3

これならもう簡単に外れない?ネイルチップ装着前の下準備

5,729 view
これならもう簡単に外れない?ネイルチップ装着前の下準備 Itnail編集部

チップの装着の仕方にはさまざまな種類があるのですが、いずれも爪の形・長さ調整といった下準備が必要です。今回はネイルチップを正しく装着するための下準備について解説したいと思います。

下準備も重要です!

【イットネイル】自爪に装着するだけですぐにネイルアートが楽しめることで人気の高いネイルチップ。
チップの装着の仕方にはさまざまな種類があるのですが、いずれも爪の形・長さ調整といった下準備が必要です。
今回はネイルチップを正しく装着するための下準備について解説したいと思います。
 (285088)

ネイルチップを選ぶ

まずはネイルチップをそれぞれの自爪にのせながらサイズを合わせていきます。
サイズが合わない場合はネイルファイルで削ったり、調整が必要です。
このとき一気に削ってしまうと、あとの調整がきかなくなるので注意が必要です。
途中で自爪に合わせながら、少しずつ削るようにしましょう。

甘皮部分に合わせながら調整していくと、チップをつけていることによる不自然さが少なくなり、ナチュラルになります。

手を洗って自爪を整える

次はネイルチップを装着しやすいように、自爪の準備をしましょう。
きれいに手を洗って水分を丁寧にふき取ります。

その後自爪をカットしたり削ったりして、長さと形をネイルチップに合わせて調整しましょう。
こうしておくことで、ネイルチップから自爪がはみ出したりするのを防げます。

また必要な場合は甘皮処理もこのときに済ませておきましょう。
甘皮を処理しておくことでネイルチップがくっつきやすくなり、チップをつけたあとの見栄えもよくなります。
 (285093)

爪の表面を拭く

コットンにアルコール(エタノール)などをしみこませて、爪の表面についた油分や汚れを取り除きましょう。
爪を削ったあとに残る細かいダストや、油分などが表面に残ったままだとネイルチップが途中で外れやすくなります。
細かい部分はウッドスティックにコットンを巻き付けたものや、麺棒を使ってきれいにするといいでしょう。

このような爪表面のクリーニングは、マニキュアを塗る前やネイルシールを貼る前などにも必要なので、
忘れないように習慣しましょう。

下準備が終わったら、あとはネイルチップの使用法に従って装着するだけ。
両面テープを使う以外にも、チップ自体に粘着材がついているワンタッチタイプもあります。

ちょっとした下準備でチップが外れにくくなり、扱いやすくなりますよ。



Itnail編集部