コラム コラム 2015年12月1日 更新 お気に入り追加 0

フルウェル、ハーフウェルってなんぞ??【ネイルチップ】

2,924 view
フルウェル、ハーフウェルってなんぞ??【ネイルチップ】 Itnail編集部

ネイルチップを自分で作っている方やネイリストを目指している方は、ネイルチップやネイルアートについていろいろと勉強をされていると思いますが、ネイル技術を身につけることだけでなく、用語も覚えなければなりません。フルウェル・ハーフウェルという用語もその一つです。今回はこの2つについてご説明します。

「ウェルあり」ってなんのことだかわかりますか?

【イットネイル】ネイルチップを自分で作っている方やネイリストを目指している方は、ネイルチップやネイルアートについていろいろと勉強をされていると思いますが、ネイル技術を身につけることだけでなく、用語も覚えなければなりません。

フルウェル・ハーフウェルという用語もその一つです。今回はこの2つについてご説明します。
 (222482)

ウェルとは何?

ネイルチップを爪に装着する際に接着剤をつける場所を「ウェル」と呼び、ネイルチップの付け根部分を指します。ネイルチップにはウェルありとウェルなしがありますが、ネイルチップ裏側の付け根に段差があるものが、ウェルありです。

ネイルチップの種類には自爪全体を覆うフルチップと、半分を覆って主に長さ出しに使われるハーフチップがあります。それぞれウェルあり・ウェルなしが存在し、ウェルがあるものはフルウェル・ハーフウェルと呼ばれます。

フルウェル・ハーフウェルにもフルチップ・ハーフチップと同様、ラウンド・スクエアなどの様々な形が用意されています。

ウェルあり・なし、どちらが使いやすい?

ウェルなしのネイルチップは、付け根部分をファイルで削ってから接着剤を付ける必要がありますが、ウェルありのネイルチップはそのまま接着剤を付けることができます。

ウェルが大きすぎる場合には、切って調節しましょう。いずれにしても、接着剤を付けすぎないように注意して下さいね。

ネイルチップの付け根部分を削るのは、付けた時の自爪とネイルチップの段差をなくして装着しやすくするため。元々ウェルがあるネイルチップとないネイルチップのどちらが使いやすいかは、装着する爪によります。メーカーによってもネイルチップの付け心地が違いますし、段差をなくすよう調節をしましょう。
 (238724)

ネイルチップを付ける時の注意点

ウェル部分は、自爪と密着する場所であるため、衛生面に特に気を注意しておく必要があります。グルーを使った場合は、数日間装着したままになり、その間にカビが繁殖するなどのトラブルが発生する可能性も大いにあります。

ネイルチップを装着する前には、特にウェル部分を消毒するなどして、清潔を保つようにしましょう。両面テープを使用する場合は連続装着はしないとしても、その都度装着前に必ず消毒することを忘れないように!

今まで何となくネイルチップを購入していた方も、違いがお分かり頂けたでしょうか?いろいろなネイルチップを試してみて、自分に合うものを見つけて下さいね。



Itnail編集部