コラム コラム 2016年7月30日 更新 お気に入り追加 0

爪を伸ばすだけ?!憧れのほっそりネイルになる方法

3,538 view
爪を伸ばすだけ?!憧れのほっそりネイルになる方法 Itnail編集部

自分の爪が横に広くてブサイク、そんなコンプレックスを持っている女性って意外と多いはず。でも諦めないで。あなたの爪をほっそり縦長の女性らしい爪にする方法があるんです。意外と簡単、キレイな女爪にする方法のご紹介です。

爪が横に広いわけじゃない、縦に短いだけ

 (458596)

【イットネイル】あなたの爪がブサイクに見える原因、それは横に広がっているからではありません。縦に短いからです。縦に長くすれば自然とほっそりとした縦長の爪に見えるはず。
縦長にする、ということはいわゆるネイルベッドといわれるピンクの部分を増やせばいいんです。爪と皮膚がくっついている部分です。
そのためには爪を短く切ってしまってはいけません。さらに爪の中にゴミが入ってしまったからといって楊枝などでほじり取るのもNG。ネイルベッドを減らす原因です。

爪が伸びると皮膚も引っ張られて伸びる!

 (458597)

甘皮や甘皮下のルーズスキン、これは爪が伸びると同時に引っ張られて伸びていきます。爪にくっついている皮だからです。爪の裏側も同じこと。
爪と皮膚はくっついていますよね?その間には、ハイポキニウムといって爪と皮膚の間にばい菌が入らないようにするための皮が存在しています。この皮は爪が伸びると同時に引っ張られて伸びていくのです。このハイポキニウムを上手に伸ばしてあげればネイルベッド、爪のピンクの部分が増えていきます。結果爪が細長く見えるのです。
爪が伸びるのと同じようにハイポキニウムが伸びているならどうしてピンクの部分が増えないの?と思うかもしれませんが、それは日常生活の中でハイポキニウムに負担をかけて爪からはがしてしまっているからです。
例えば、シールなどをはがすのに爪でカリカリしていたり、ネックレスの留め金を爪で留めていたり。意外とささいなことで爪の裏側に負担をかけているのです。なるべく爪を使わないように、かつ少々爪を伸ばしていれば自然とハイポキニウムは伸びてくるはずなのです。
でも爪がすぐ折れちゃう、という人も多いですよね。そんな場合はジェルやアクリルでの長さ出しがおすすめです。

爪を人工的に伸ばすことで細長い爪に

 (458992)

爪が伸びると同時にハイポキニウムが伸びるなら爪をドンドン伸ばせばいい、そのとおり。それが人口爪です。ジェルやアクリルで長さ出しをすればOK。結果自分の爪が少しづつ伸びて、ネイルベッドが増えてきます。
しかし伸ばしすぎはNG。いくらジェルやアクリルスカルプチュアでも限度がありますし、メンテナンスもきちんとしないとバランスが崩れて折れます。
理想としては常に指より1~2mm長い状態だとネイルベッドが増えやすいといえます。しかしこの長さ、慣れないと意外と不便。爪の2mmはかなり長いのでそのつもりで。
また一度ハイポキニウムを伸ばしてしまうと今度は伸びすぎたハイポキニウムが切れない、なんていうことにもなりますのでご注意を。
ほどほどに伸ばすことをオススメします。



Itnail編集部