コラム コラム 2017年2月10日 更新 お気に入り追加 2

お風呂のついでにできるネイルとハンドのお手入れ

2,068 view
お風呂のついでにできるネイルとハンドのお手入れ Itnail編集部

セルフネイルでも、ネイリストさんにしてもらうようにネイルケアやハンドケアをした方がネイルが長持ちするから、とっても大事なんですよ!今回はお風呂のついでやちょっとした空き時間にもできる、ネイルとハンドのケアの仕方をご紹介しましょう。

ネイルケアとハンドケアが必要なワケと注意点

 (525301)

ネイルを始める前にも、ネイルをしない爪を育てる時期にも使える、ネイルケアやハンドケアの仕方や、優しい甘皮処理の仕方をご紹介します。爪周りの乾燥やささくれなども防いでくれるので、ハンドクリームを塗るついでにぜひ行ってみましょう!
ジェルネイルやネイリストさんのようなプロの技ではないのですが、初心者さんがネイルプッシャーやニッパーなど慣れない道具で甘皮処理をしようとすると、必要以上に甘皮を切りすぎてしまったり皮膚を傷つけたりしてしまい、そこから菌が繁殖するなどしてとても危険です。最初のうちはまだやめておいた方がいいでしょう。

まず最初に自分で甘皮処理をしてみよう!

 (525302)

これから紹介するのは、とっても簡単で危険もなく、爪をきれいに伸ばすことができる方法です。

▼用意するもの
ガーゼのハンカチかガーゼ

▼手順
①: お風呂の湯船にゆっくりと浸かって、手や足の爪の生え際にある甘皮のケアをしてみましょう。
②: 湯船に手も足も浸して指紋がしわしわになるくらいふやける程度、お湯につかります。
③: ガーゼを親指にくるりと巻きつけ、残った部分を握って準備完了です。
④: 反対の手や足の指の爪、1つずつ、ガーゼの指で爪の生え際のほうに向かって優しく押してあげます。少しずつずらして他の指も同様に行います。
⑤: 今度は爪の根元の部分を小さな円を描くようにくるくると優しく回しながらこすります。白いぽろぽろが取れたら流しましょう。

たったこれだけです。お風呂で甘皮処理した後は、ネイルケアとハンドケアを行います。着替えて身支度を整えてから、くつろぎながら行いましょう。水分も忘れずに補給してあげてください。

ネイルオイルを使ったケアの方法

 (525303)

それではネイルオイルを使って、爪と手のケアをしていきましょう。寝る前に音楽やテレビを見ながらでも行えますね。

▼用意するもの
ネイルオイル
ハンドクリームやボディクリーム
タオル
綿やシルクの手袋

▼手順
①: 手を洗ってタオルで優しく水分を拭き取り、乾かします。
②: 爪の生え際に一滴ずつ、ネイルオイルを垂らして、爪全体をくるくるとマッサージしながら塗り込みます。
③: 他の指も同様に行います。
④: 手の指全部に塗り終えたら、今度はハンドクリームを手の甲につけてまんべんなく全体に行き渡らせたあと、手首の方から指先に向かって引っ張るようにマッサージすると血行が良くなります。
⑤: しばらく揉んだり引っ張ったりして、手全体が温かく感じられるようになったら完了です。

このような方法で、気が付いたときに爪にはネイルオイル、手にはクリームを塗り込んでおくだけで、乾燥を防いでくれるだけでなく、爪周りの皮膚にも油分と栄養を与えてくれるので、きれいな爪が生えてくるのを助けてくれます。寝るときには綿かシルクの手袋をはめると朝起きたときにしっとりしていて、嬉しくなってしまいますよ!



Itnail編集部