コラム コラム 2016年12月14日 更新 お気に入り追加 0

爪育▷健康的なネイルを育てるには、毎日の栄養バランスのとれた食事から

486 view
爪育▷健康的なネイルを育てるには、毎日の栄養バランスのとれた食事から Itnail編集部

食べたものの栄養からできている体のパーツ。ネイルもそのひとつです。偏った食事や無理なダイエットなどはお爪さえもボロボロにします。そうなる前に健康的なお爪を育てるための“爪育”を毎日のお食事から始めてみませんか?!

お爪の主成分でもあるタンパク質

 (515656)

お爪は口から入った食べ物によって作られています。健康的なお爪を育てるには毎日の栄養バランスの良い食事にかかっているのです。特にお爪に必要とされる3つの栄養素をご紹介しましょう。
お爪の主成分でもある“タンパク質”。お爪はケラチンというタンパク質が変化したものでほぼできています。ですから、欠かすことのできないタンパク質をしっかりと摂っていきましょう。
肉や魚介類、乳製品などの動物性タンパク質はお爪に弾力性をもたらし、大豆などの植物性タンパク質はお爪を丈夫にします。おかずのメインに肉もしくは魚を、納豆や味噌汁などの大豆食品を加える日本食をメインにすることをオススメします。

薄いお爪を硬く丈夫にするビタミン群

 (515657)

お爪の健康を保つのに必要な栄養素のビタミン群。レバーやうなぎ、 卵黄や緑黄色野菜などに含まれるビタミンAは薄くなったお爪を硬く丈夫にします。
イワシやマグロ、レバーや卵黄に含まれるビタミンDはお爪を丈夫にします。
植物油やホウレンソウ、ナッツなどに含まれるビタミンEは爪の黄ばみを予防してくれます。
柑橘系、ジャガイモやサツマイモに含まれるビタミンCはささくれを予防してくれる効果があります。
その他にも、ビタミン群は新陳代謝を活発にし、アンチエイジング効果もあります。
ビタミン群は主に緑黄色野菜やお魚、ナッツ類から摂れるので、お食事の副菜に是非取り入れてみてください。

お爪を形成するのに役立つミネラル

 (515658)

お爪の形成に関わるミネラル群。乳製品や大豆、ブロッコリーなどに含まれるカルシウムは健康的な爪を形成するのに必須です。
レバーやひじき、マグロに含まれる鉄は、不足するとお爪が薄くなってしまいます。
豆腐や豆乳、にがりやワカメなどに含まれるマグネシウムは、爪の形成にも役立ちます。
魚介類や卵に含まれる亜鉛は、爪の新陳代謝を活発にします。
これらの栄養素をバランスよくお食事に取り入れることで健康的なお爪を育てることができます。お食事からの“爪育”を是非始めてみましょう。



Itnail編集部