コラム コラム 2015年7月26日 更新 お気に入り追加 0

マニキュアをキレイに塗る方法!

8,637 view
マニキュアをキレイに塗る方法! Itnail編集部

購入したマニキュアによって、塗り心地が違うと感じたことはありませんか? その原因は、マニキュアのハケの形と長さ、液体の粘度が問題なのです。 そこで、原因別に説明していきたいと思います。

まずはマニキュア選びが重要なポイント♪

購入したマニキュアによって、塗り心地が違うと感じたことはありませんか?

その原因は、マニキュアのハケの形と長さ、液体の粘度が問題なのです。

そこで、原因別に説明していきたいと思います。
 (113347)

●ハケの形

ハケの形には大きく分けて2種類あります。


①平筆(フラット)タイプ
②全体が丸くなっているタイプ


上記2種類に分かれます。

全体が丸いタイプはカラーがムラになりやすいので、マニキュアを塗るのに最適なのは平筆(フラット)タイプです。

全体が丸いタイプも、工夫次第で使えます。

ハケをマニキュアボトルの縁に上から下へと押し当てながら動かし、平たくすれば無駄なく使えますのでオススメです♪

●ハケの長さ

ハケの長さには大きく分けて3種類あり、


①ショート
②普通
③ロング


に分かれます。

ロングは力の入れ加減が難しく、カラーが指にはみ出してしまう原因になります。

ショートは力が入りやすいので、足の爪にオススメです。

このようなことから、指のネイルには普通の長さが一番塗りやすいです。

●粘度の違い

粘度にもさまざまなタイプがありますが、使いやすさは個人差があります。

なので、自分好みの粘度を選ぶことをオススメします。


①緩いタイプ(緩いと指のサイドに垂れてきてしまう原因になります)
②普通タイプ(緩すぎず硬すぎないのでオススメです)
③硬いタイプ(硬すぎると塗っている最中にかすれてきます)


このような点に注意してマニキュアを購入すれば、塗りやすいマニキュアに出会えますよ♪

ムラなく簡単にマニキュアをキレイに塗る方法!

マニキュアには、大きく分けて一般的なマットタイプとパール(ラメ)が入ったパールタイプの2種類があります。

●マットタイプ

①:甘皮処理をし、エタノールなどで爪の表面の油分を除去していきます。

②:ハケについたカラーが適量になるまで、マニキュアボトルの縁に押し当て上から下へと動かします。

③:爪先とサイドを塗ります。

④:②を繰り返し真ん中→左側→右側の順にカラーを塗っていき完成です。

●パールタイプ

①:マットタイプ①〜③同様に施術する。

②:左側から少しずつ右側にずらして塗っていき完成です。


このようにコツさえ押さえれば誰でも簡単にキレイなマニキュアネイルが出来ます♪



Itnail編集部