コラム コラム 2019年8月26日 更新 お気に入り追加 0

違和感なし!夏でも秋でもイケるネイルにするポイントは?

1,460 view
違和感なし!夏でも秋でもイケるネイルにするポイントは? Itnail編集部

夏の終わりにネイルチェンジをする場合、「ネイルは夏仕様が正解?それとも秋っぽくしといた方がいいの?」と迷ってしまうことがありますよね。この記事では、夏から秋におすすめのネイルデザインをご紹介します。ポイントさえ押さえれば、夏でも秋でも違和感のないちょうどよいデザインになりますよ。

ポイントその1♡アースカラーをチョイスしよう

 Rosett BY broocH

Rosett BY broocH

晩夏が近づいてきたら、秋を意識したカラーリングをするのがおすすめです。例えば、同じグリーンでもビビッドグリーンではなくカーキを選んだり、パステルカラーといった明るい色ではなくベージュ系やブラウン系の落ち着いた色を選ぶとGOOD。カーキやベージュといったアースカラーは、夏のカジュアルファッションにも、初秋向けのファッションにもマッチするので季節の変わり目にはぴったりです。

例えばカーキのワンカラーにシェルを散りばめたデザインはいかがでしょうか?夏の雰囲気も残しつつ、落ち着いた秋も感じる絶妙なネイルです。

また、フットネイルもビビッドカラーからアースカラーにチェンジしましょう。それぞれの爪をブラウンやベージュのワンカラーできめて、親指にターコイズを乗せてみて。ターコイズがエキゾチックで夏っぽい雰囲気を醸し出してくれているので、ブラウンカラーも重くなり過ぎません。
JunoQuartz×grace

JunoQuartz×grace

ポイントその2♡ラメはゴールド系であたたかみを

Venir (東京・板橋)

Venir (東京・板橋)

年間通して人気のラメネイルですが、晩夏に差し掛かる頃はカラーチョイスに気をつけましょう。ブルーやグリーンといった海を連想させるラメは、どうしても夏っぽさが強すぎてしまいます。この季節に選ぶラメはゴールドやピンクゴールドがおすすめです。ゴールド系なら夏は大人っぽいサマードレスと合わせてゴージャスな印象の女性になりますし、秋は落ち着いたカラーのワンピースと合わせてあたたかみがある女性を演出できますよ。

セルフ派の人でも簡単にできるのが、ゴールドのラメグラデーション。キラキラと光るラメが美しく、素敵ですよ。「もっと派手さが欲しい!」という人はストーンをプラスするのもいいでしょう。

ゴールドのラメグラデーションの中に、数本だけマーブルネイルを入れてもかわいいです。少し優しい雰囲気になるので、女性らしさをアピールしたいときにもおすすめですよ。
 Kanoanail (西麻布)

Kanoanail (西麻布)

ポイントその3♡秋カラーはフレンチで透け感を残す

Laughin’Nail (三重・松阪)

Laughin’Nail (三重・松阪)

「秋を意識したボルドーやネイビーを使いたい。でもワンカラーじゃ重くなりそう」という人におすすめなのが、秋カラーをフレンチネイルにする方法です。フレンチネイルなら、クリアの部分が大きいので、透け感が出て涼しげです。まだまだ暑さの残る晩夏にも、秋カラーを取り入れたい初秋にもピッタリのデザインですよ。

特に、ボルドーのフレンチネイルは大人っぽく、ちょっとセクシーな雰囲気があるのが魅力。ストーンをプラスするとラグジュアリーさが増すでしょう。



Itnail編集部