コラム コラム 2016年10月5日 更新 お気に入り追加 1

【ネイルアートの疑問】スワロフスキーのストーンはなぜ高い?

1,632 view
【ネイルアートの疑問】スワロフスキーのストーンはなぜ高い? Itnail編集部

ネイルアートに必須ともいえるラインストーン。ラインストーンといえばスワロフスキーが有名ですよね。しかしなぜかスワロのストーンは高い!激安ラインストーンといったい何が違うの?きっとそんな風に思っているセルフネイラーさんも多いはず。正直言ってスワロとそれ以外のストーンはまったく違います!その違い、ご説明します。

研究されている輝き: スワロフスキー

 (486465)

【イットネイル】スワロフスキーとはオーストリアを代表するクリスタルガラスの製造メーカー。国際的にも有名な会社です。スワロフスキーのクリスタルガラスは独自の製法とカッティング技術により、光の反射加減では虹色にも見え、ただのガラスとは一線を画しているのです。
そんな研究開発、先端技術がつまったラインストーンは少々高くてあたりまえ。しかし輝き方はダイヤモンドにも劣らず、とてもまばゆいものなのです。
スワロフスキー社のようにガラス製のラインストーンを製造しているメーカーはさほど多くなく、ガラス製=スワロフスキーのラインストーンと思われているよう。厳密には特殊製法のガラスなのでガラスとは少し違いますが、強度も高く、アクセサリーブランドとしても世界的に有名です。

スワロフスキー以外のラインストーンとは?

 (486466)

一方、スワロフスキー以外のラインストーンは何でできているかというと、プラスチックやアクリル樹脂、ビニール、シリコン製などさまざま。一般的に、安価なラインストーンはほとんど、プラスチックとアクリル製品と思っていいでしょう。スワロフスキーと比べてしまうとお値段も半分以下のはず。
安価なだけに輝きもイマイチ。しかも製造過程にできるバリもそのまま残っており、ネイルアートとして使うには正直、使い勝手の悪さも否めません。
また製品にもよりますが、ネイルアートグルーやトップコートと化学反応を起こしてしまい、表面が溶けてまったく輝きがなくなってしまうラインストーンもあります。
安価なラインストーンを買うときはネイルアートとしてきちんと使えるかどうか、見極める必要がありますね。

ラインストーンの使い分けをするなら

 (486467)

安価なラインストーンすべてがグルーやトップコートに溶けてしまうわけではありません。スワロフスキーほどではないけれど、ラインストーンにしては少し価格が高めのものは意外と使えます。とはいえ、スワロフスキーと比べてしまうとまったく輝きは違うもの。
ラインストーンは1回で使い捨て。そのためリーズナブルに使いたいなら、フットとハンドでストーンを使い分けるのもおすすめ。ハンドは動くたびにきらっと輝く、スワロフスキー、フットは少しグレードを落としたラインストーンといった使い分けです。
またジェルコートをしてしまうとせっかくのスワロフスキーの輝きも半減。そのためジェルコートのときはスワロフスキーでないストーンを使うのもアリ。
楽しく継続させるには思いきりラインストーンを使ってくださいね。きらりと光るラインストーンはネイルアートには必須アイテムですよ。



Itnail編集部