コラム コラム 2018年6月28日 更新 お気に入り追加 0

海の中の光景をそのままネイルに…海の生き物モチーフのネイル

621 view
海の中の光景をそのままネイルに…海の生き物モチーフのネイル Itnail編集部

海の生き物があしらわれたネイルデザインって、夏の時期しか楽しめないネイルの一つかもしれません。誰でも思い浮かぶ定番の夏らしい海の生き物から、ネイルデザインにしてはちょっとレアな海の生き物まで…夏ネイルだからこそ取り入れたい可愛いモチーフをご紹介します♪

ド定番だけどやっぱり外せない海の生き物たち

UNP(A)S nail -EBISU-

UNP(A)S nail -EBISU-

タツノオトシゴ、貝、スターフィッシュ…これらは夏ネイルに出てくるド定番のネイルモチーフです。
きっといつもネイルをしている人であれば、3つのうちのどれか1つは一度はネイル取り入れたことがあるのではないでしょうか。
他のネイルモチーフやカラーとの組み合わせでデザインが無限に広がるため、なんだかんだ毎年やっているという人は多いでしょう。

あまり季節感を感じないデザインやカラーリングと合わせてみても、ちょこんと1本だけこのモチーフを取り入れるだけで、一気に夏らしいネイルが完成するのも魅力ですね。
小林未来

小林未来

水族館でお馴染みの海の生き物たちも忘れずに♪

atelier eL (アトリエ エル)

atelier eL (アトリエ エル)

海の生き物として認知度は低くないはずなのに、ネイルデザインにしてはレアな海の生き物たちをご紹介します。

ファインディングニモとしてキャラクターネイルでは登場する熱帯魚。カラフルで鮮やかなものが沢山ありますが、ネイルのデザインとして使われているパターンはレアですね。ネイルパーツを組み合わせて作るか、3Dネイルでお魚さんを作ってあげましょう♪

クラゲも様々な種類がいて、水族館でも専用のブースがあるところも少なくありません。それでもネイルで取り入れられているパターンはあまり目にしませんよね。
こちらはエアブラシやネイルシールを使って、そのフンワリした見た目を表現したいですね。
brilliant nail 船橋

brilliant nail 船橋

夏の思い出に海の生き物ネイルをどうぞ

Fiona

Fiona

ジェルネイルは1ヶ月程度でオフして、新しいネイルに付替える人が多いですよね。
もちろん、とても技術の高いネイリストさんにネイルをしてもらうと1ヶ月以上軽く持つ事はよくあります。密着度が高く耐久性に優れたジェルと出会えれば、伸び続けてもリフトしないという事もざらにあります。

それでも衛生面や欠け、折れのようなトラブル回避の観点からも、やはり1ヶ月程度でネイルチェンジをする事が望ましいでしょう。
そんな1ヶ月の命しかないネイルだからこそ、季節感を大事にして楽しみたいですよね。
海の生き物が出来る季節はやっぱり夏!やり残しのないようにしましょう♪


Itnail編集部